個別指導スカイプ塾|株式会社メディア人

日本人の常識を身につける

 太田塾の生徒さんには海外在住の方や帰国子女の方も多いので、保護者の方からご要望の多い、日本人としての常識をどう身につけるかということについて話します。
 一般塾との考え方の違いを、歴史の学び方をもとにお話します。

太田塾では、授業の中の雑談に、常識を深める話題を取り入れています。
(社会の授業については、柔らかく入るのは同じですが、また別の方法になります)


1.鎌倉幕府ができたのは?
 私は学校で「鎌倉時代は1192(イイクニつくろう鎌倉幕府)年成立」と習いました。しかし、子どもの今の教科書を見ると、鎌倉時代は1185(イイハコつくろう…)年成立と書いてあります。
 では鎌倉幕府は1192年にできたのではないのか、というとちゃんと1192年に成立となっていてこのことは変わっていません。やっぱり「鎌倉はイイクニだったのか」と安心しかけたところ、よく読んでみると、鎌倉幕府は頼朝が征夷大将軍となった1192年に成立したが、これをもって鎌倉時代が始まったではなく、鎌倉時代は壇ノ浦の戦いで平氏が全滅した後,守護・地頭の設置を朝廷に認めさせた時,すなわち1185年に始まったのだ,という記述もあります.どうもこれが現在の通説のようですが,通説とはかつての1192説がそうであったように,時代により変わっていくものです.事実,この1185説にも異論があり,そう言うなら東国の事実上の支配権を後白河法皇に認めさせた(寿永二年十月宣旨)1183年開始という考えだって成立するぞ…といろいろな説がでてくる始末です.もし1183年説が通説となったら,ゴロ合わせは「いい破産」となり,そもそも全財産がなくなる破産がイイわけないだろうと,非常に困ってしまいます.
 「細かいことはいいけど,要はいつなの?」「そういう重箱はいいから,結論だけ教えてよ」という不満,「で,言いたいことはナニ?」等しまいには私を責める声まで聞こえてきます.

2.鎌倉時代がいつから始まるか,という問いの答え
 しかし,我慢してよく読んでみると,この問題の本質は「鎌倉時代はいつ始まったか」という問題ではなく,各々の言葉をどう理解するかということに気づきます.「鎌倉時代とはどういう時代だったか」「幕府成立とは」「何をもって時代の開始とするか」といった問題をどう考えるかによって鎌倉時代がいつから始まるか,という問いの答えが決まってくるのです.
 「そういう細かいことは学者・先生に任せてればいいのでは」そうでしょうか.では私たちが歴史を「勉強」するのは,結論は?要は何?だけ抑えていればいいのでしょうか.とするなら,歴史は本当に暗記物,記憶力だけが勝負のクイズのようになってしまいますね.歴史は決して「深い知識比べ」ではありません.この理屈は,「法律家はほとんどの法律の条文を暗記しているのでしょ」という考えに似ています.確かに優秀な法律家の頭の中には多くの条文が入っているでしょう.しかし,それは日々それらの条文を使って自然と頭の中に入ってしまっただけで,特に努力して暗記したわけではありません.彼らは個々の条文の使い方に熟知している専門家なのです.歴史も同じです.歴史でまず重要歴史事項を覚えるのは,それが目的ではなく,それらの事項を有機的につなげて,その時代の本質を読み解くためなのです.

3.お子さまの立場に合った自然な目線を育てる
 太田塾では、本人の状況に個別に応じながら、この力を養います。このような論理的思考力を文章にすれば、論理的な小論文ですし、面接でも、論理的で一貫した主張ができます。就職しても、新しい状況に立ち向かうときもほしい力です。

 アプローチ方法は柔らかくしています。特に海外在住といった場合、日本在住に比べて、基本的な知識が入ってきにくい状況ですので、雑談のなかに、少しずつ大事なことを印象に残るように入れたりします。日本ってそうなのか。今、自分がいるところとは違うんだ。でも自分は日本が好きだな。日本が知りたい。
 そういう、そのお子さまの立場に合った自然な目線、たとえば海外にいるからこその目線が、お子さまの人生を深めていきます。


このページの上へ▲



先生 紹介

太田元哉

2011年3月より小田急線 新百合ケ丘で太田個別指導塾をオープン。当初、神奈川県私立中高一貫校 元国語教諭としての実績から、国語専門塾として生徒募集。帰国子女、大学受験、小学生の作文指導などを手がける。現在は自身の育児経験を生かし、小学生など、低年齢のこどもたちの指導も行う。2005年より当サイトの運営を開始。

中央大学法学部法律学科卒、中央大学文学部文学科国文学専攻卒。私立中高一貫校教諭をへて現職。その間に中央大学大学院法学研究科民事法専攻博士前期課程修了。現在は中央大学大学院戦略経営研究科ビジネス科学専攻(経営法務分野)博士後期課程に在籍。

大学時代の予備校講師バイトでは、法学部3年のスタートから文学部卒業までの4年間で時給を3倍にアップさせ、教職とは無関係のアルバイト先(大学1年次・コンビニ)でも、新入社員の店鋪業務(発注、品出し、レジ打ち、接客等)指導をさせられた経歴がある。公教育の他、家庭教師・予備校講師・補習塾講師等、さまざまな形態の教師を経験。
現在は、これまで1000人以上の生徒を教えた経験と、母校での研究成果を実践すべく、当サイトのガイドを担当するほか、『聞く民法入門』等の法律教材を開発。
また、新百合ヶ丘、スカイプにて民法、小論文等の個人指導も行っている。



COPYRIGHT(C) MEDIA-JIN.ALL RIGHTS RESERVED.
著作権者(株)メディア人 転載・複製・頒布等禁じます。