民法入門学習|宅建、行政書士、法務|講座:宅建民法・行政書士民法|民法CD|民法学習、民法入門|民法条文|民法基本テスト|法律勉強方法、法律学習法

「ホータス」はメディア人教育事業部のブランド名です。
Google
目的別 一般・総合 民法講義CD 民法徹底解説講座CD ショッピング 無料 基本テスト よくあるご質問


  民法の入門学習
なぜ民法が重要か

「民法を制すものは資格を制す」「民法を制すものは法律を制す」。様々な言い方で民法の重要性が語られています。

●民法は法学部でも資格試験でも、こんなに重視されている
法学部でも1年生から導入されているのは、憲法・民法・刑法だけです。また、市民生活のトラブルや重要事項が民法に直結していることが多いため、資格試験でも、民法は外せない法律と位置付けられてきました。旧司法試験では短答式3科目(憲法・刑法・民法)に選択され、多くの人が論述試験に進む前に短答式で落とされていました。そのため、試験合格のために、民法に多くの時間をかけて準備をしなければなりませんでした。

なぜ民法はこれほど重視されているのでしょうか。

●なぜ? 1044条・膨大な条文数だから。
憲法は103条。刑法は264条。民事訴訟法は405条。民法は六法の中でも桁違いの条文数を持っています。そのため、学ぶべき事項が多く、マスターするのに時間がかかり、資格試験などでは配点などの関係から最初から捨てる人も少なくないのが現状です。
しかし、民法を理解していないと、商法・民事訴訟法など他の法律の理解も浅くなり、開業や大学で必要な法律知識も習得できず、トータルで見るとむしろ二度手間で時間のロスになりかねません。

●なぜ? 市民生活に直結した法だから。
民法は、「私法の一般法」であり、「私法の中の私法」です。わたしたちは、毎日意識せずに民法に規定されている行為を行っています。例えば、「お店で物を買う」というのは、「売買契約」という法律行為なのです。このため、日常生活ではトラブルも民法に関係したものが多くなってきます。そこで、市民に関わる仕事、例えば公務員や法的なサポートをする仕事をする時、民法が重要になってくるのです。

このページの上へ
講義CD「聞く民法入門」
民法の基本、安心できますか?
1講義たった25分。電車で聞ける。
他の民法の勉強方法の比較はこちら
過去問WEB講座
■宅建講座「過去問に学ぶ民法」 一部公開中
■行政書士講座「過去問に学ぶ民法」一部公開中
行政書士・宅建過去問解説・民法の条文解説・法律問題文の読み方 教えます
民法学習方法についてのご相談も受け付けています。
こちら

講義CD「聞く民法入門」
民法の基本、安心できますか?
1講義たった25分。電車で聞ける。
他の民法の勉強方法の比較はこちら
過去問WEB講座
■宅建講座「過去問に学ぶ民法」 一部公開中
■行政書士講座「過去問に学ぶ民法」一部公開中
行政書士・宅建過去問解説・民法の条文解説・法律問題文の読み方 教えます
民法学習方法についてのご相談も受け付けています。
こちら
免責
プライバシーポリシー
お役立ちリンク
リンクについて

COPYRIGHT(C) 2005-2009 MEDIA-JIN.ALL RIGHTS RESERVED.
著作権者(株)メディア人 転載・複製・頒布等禁じます。