民法入門学習|宅建、行政書士、法務|講座:宅建民法・行政書士民法|民法CD|民法学習、民法入門|民法条文|民法基本テスト|法律勉強方法、法律学習法

「ホータス」はメディア人教育事業部のブランド名です。
Google
目的別 一般・総合 民法講義CD 民法徹底解説講座CD ショッピング 無料 基本テスト よくあるご質問



  はじめての法律勉強法
法律、刑法から始める?

 はじめて学ぶ法律を検討してきましたが,残りは刑法と民法の二つに絞られました.刑法について考えてみます.


●刑法の特徴
 刑法とは,先ほどお話した通り,「どういう行為が罪となるか,そしてその罪を犯した場合,どのような罰が科せられるか」ということを定めた法律です.そして,罰するのは常に国家権力で,罰せられるのは国民でした.そういった意味で,刑法は国家権力が国民を規制する法律で,ベクトルが国家権力から国民へと向いているということでした. 
 こういった特徴から,当然行使するための要件が厳格で,理論的にもぶれがないようになっています.


●民事トラブルとの比較
 対して,民事的トラブルというのは,契約上のトラブルが代表例です.民事法の方が軽いというわけではないのですが,刑法が誤って適用されたというのは絶対に許されません.
 あなたが,急に警察に連れて行かれ,あれよあれよというまに牢屋に入れられてしまいました.ほどなく,あなたの潔白は証明され,釈放されたとしましょう.「疑いが晴れてよかったね」という話になりますか?ならないですよねえ.冗談じゃないって話ですよね.対して契約の上のトラブルだったら,どうでしょうか.あなたの「この契約は無効だ」という主張は認められませんでしたが,後日,「あなたの言う通り,無効でした」となった場合と比べてみてください.これらの例は非現実的ですし,適切ではないかもしれませんが,あくまでもイメージですのでご了承ください.そういうわけで話を戻します.
 民事トラブルというのは,やや乱暴ですが,端的に言えばお金のトラブルです.従って,間違いがあっても,本来あってはいけないのですが,もし,あったとしてもお金で解決できる可能性があります.


●刑法の場合,その法理論が抽象的で難解
 対して,刑法のように牢屋に入れられた場合,名誉回復の問題もありますし,実際拘束されていた期間の代償はどうするのか,という問題になるわけです.こういった背景があるため,刑法の場合,その法理論が抽象的で難解になっているということです.
 ここで間違えないでいただきたいのですが,憲法も抽象的って話だったなと思われるかもしれません.憲法で抽象的なのは条文の内容です.対して,刑法で抽象的なのは法解釈のための理論なのです.このあたり,ちょっとややこしいところです.ただ,現段階ではあまり気にしなくても結構です.ポイントは,だから,刑法から始めるのは避けた方がいいという点です.
 これで,残りは民法のみになりました.従って,民法から始めることをお勧めしているというわけです.
続く

このページの上へ
はじめての法律勉強法
法律、何から勉強するべきか
最初に学ぶ候補の絞り方
法律、憲法から始める?
法律、刑法から始める?

民法から法律勉強を始めましょう
民法をどう学習するか
資格試験の民法も「骨格理解」と「基本概念把握」から
実務家になった後、どんな場面で民法が必要か
初心者に適した民法の基本書・入門書
講義CD「聞く民法入門」
民法の基本、安心できますか?
1講義たった25分。電車で聞ける。
他の民法の勉強方法の比較はこちら
過去問WEB講座
■宅建講座「過去問に学ぶ民法」 一部公開中
■行政書士講座「過去問に学ぶ民法」一部公開中
行政書士・宅建過去問解説・民法の条文解説・法律問題文の読み方 教えます
民法学習方法についてのご相談も受け付けています。
こちら

はじめての法律勉強法
法律、何から勉強するべきか
最初に学ぶ候補の絞り方
法律、憲法から始める?
法律、刑法から始める?

民法から法律勉強を始めましょう
民法をどう学習するか
資格試験の民法も「骨格理解」と「基本概念把握」から
実務家になった後、どんな場面で民法が必要か
初心者に適した民法の基本書・入門書
講義CD「聞く民法入門」
民法の基本、安心できますか?
1講義たった25分。電車で聞ける。
他の民法の勉強方法の比較はこちら
過去問WEB講座
■宅建講座「過去問に学ぶ民法」 一部公開中
■行政書士講座「過去問に学ぶ民法」一部公開中
行政書士・宅建過去問解説・民法の条文解説・法律問題文の読み方 教えます
民法学習方法についてのご相談も受け付けています。
こちら
免責
プライバシーポリシー
お役立ちリンク
リンクについて

COPYRIGHT(C) 2005-2009 MEDIA-JIN.ALL RIGHTS RESERVED.
著作権者(株)メディア人 転載・複製・頒布等禁じます。