民法入門学習|宅建、行政書士、法務|講座:宅建民法・行政書士民法|民法CD|民法学習、民法入門|民法条文|民法基本テスト|法律勉強方法、法律学習法

「ホータス」はメディア人教育事業部のブランド名です。
Google
目的別 一般・総合 民法講義CD 民法徹底解説講座CD ショッピング 無料 基本テスト よくあるご質問



  はじめての法律勉強法
民法から法律勉強を始めましょう

 他のコラムは消去法で民法をお勧めしましたが,そういった消極的な理由ではなく,もっと積極的な理由もあります.


●日常生活に即した法律
 それは,民法が最も私たちの日常生活に即した法律だということです.例えば,あなたがコンビニで缶コーヒーを買った場合,民法の売買契約を締結したことになります.あなたがアパートを借りる場合,民法の賃貸借契約を締結するでしょう.友達から飲み代として1万円借りれば,消費貸借契約ですし,ただで本を借りても使用貸借契約です.あなたが銀行からお金を借りるため,あなたの土地家屋を担保にしようとした場合も,民法の規定が適用されます.
 「そんなこと言っても,コンビニで缶コーヒーを買う時に,契約書なんか作ってないぞ」とおっしゃるかもしれません.ちょっとびっくりするかもしれませんが,民法の規定では基本的に契約の成立に契約書は不要なのです.それどころか,一部の契約を除いて口約束で契約は成立してしまいます.これを諾成契約と言います.
 要は,あなたと民法は,あなたが意図するとしないとに関わらず,毎日関わりをもっているというわけなのです.すると,あなたが毎日過ごす上で民法の知識があれば,強い武器になる可能性がありますよね.加えて,民法は勉強する上でも具体的にイメージがしやすい.結果,わかりやすいということになるわけです.だからこそ,私たちは,まず,最初に勉強する法律として民法をお勧めしているわけです.
続く
このページの上へ

はじめての法律勉強法
法律、何から勉強するべきか
最初に学ぶ候補の絞り方
法律、憲法から始める?
法律、刑法から始める?

民法から法律勉強を始めましょう
民法をどう学習するか
資格試験の民法も「骨格理解」と「基本概念把握」から
実務家になった後、どんな場面で民法が必要か
初心者に適した民法の基本書・入門書
講義CD「聞く民法入門」
民法の基本、安心できますか?
1講義たった25分。電車で聞ける。
他の民法の勉強方法の比較はこちら
過去問WEB講座
■宅建講座「過去問に学ぶ民法」 一部公開中
■行政書士講座「過去問に学ぶ民法」一部公開中
行政書士・宅建過去問解説・民法の条文解説・法律問題文の読み方 教えます
民法学習方法についてのご相談も受け付けています。
こちら
免責
プライバシーポリシー
お役立ちリンク
リンクについて

COPYRIGHT(C) 2005-2009 MEDIA-JIN.ALL RIGHTS RESERVED.
著作権者(株)メディア人 転載・複製・頒布等禁じます。