民法入門学習|宅建、行政書士、法務|講座:宅建民法・行政書士民法|民法CD|民法学習、民法入門|民法条文|民法基本テスト|法律勉強方法、法律学習法

「ホータス」はメディア人教育事業部のブランド名です。
Google
目的別 一般・総合 民法講義CD 民法徹底解説講座CD ショッピング 無料 基本テスト よくあるご質問



  はじめての法律勉強法
資格試験の民法も「骨格理解」と「基本概念把握」から

 受験を考えてらっしゃる多くの方々は,合格した後のことは,その時.今はまず合格すること,だから「骨格理解と基本概念把握」等時間のかかりそうなことは後回し,と考えてらっしゃるかもしれません.これは一面真理と言えますから,その気持ちを頭から否定する気はありません.事実,皆さん,限られた時間の中で試験準備をされているわけですから,試験に直結した知識のみを身につけたい,と思うのは,ある種,やむをえないともいえます.


●実はそんなに時間はかからない
 ただ,ここは冷静に考えていただきたいのですが,実は民法の骨格を理解し,全体を体系的におさえるという勉強は.皆さんが考えているほど時間はかからないものなのです.私たちは最長でも2週間,最速で1日あれば,基本的に全体像を理解することは可能と考えています.確かに,見かけ試験には直結していないかもしれませんが,たったこれだけの時間を割り当てれば,今後の民法の学習がぐっと楽になり,また,合格後も使いこなせる民法の知識となるのです.なぜなら,骨格を理解した上で知識を身につければ,ちょうど肉付け作業にあたりますから,各知識が有機的につながったものになっているからです.実は,この有機的につながった知識こそ,合格後,実務家になってからも役立つ民法の知識なのです.


●絶対に合格後に回さねばならない理由もないのでは?
 そんなに短い時間ですむのなら,なおさら合格後にすればいいことだ,という考え方もあるでしょう.それは一つの方法だとは思います.ただ,受験での勉強があまりにももったいないですし,なにより,あなたが実務家として有能であればあるほど,合格後再勉強する時間を確保するのは難しくなっているでしょう.それになにより,勉強するテンションが違いますね.受験期と合格後では,自ずとテンション・集中力に差が出てきます.せっかく高いテンションの受験期の,しかもわずかな時間を使わない手はない,というわけです.もし,あなたが合格前なら是非受験期に勉強することをお勧めします.
続く
このページの上へ

はじめての法律勉強法
法律、何から勉強するべきか
最初に学ぶ候補の絞り方
法律、憲法から始める?
法律、刑法から始める?

民法から法律勉強を始めましょう
民法をどう学習するか
資格試験の民法も「骨格理解」と「基本概念把握」から
実務家になった後、どんな場面で民法が必要か
初心者に適した民法の基本書・入門書
講義CD「聞く民法入門」
民法の基本、安心できますか?
1講義たった25分。電車で聞ける。
他の民法の勉強方法の比較はこちら
過去問WEB講座
■宅建講座「過去問に学ぶ民法」 一部公開中
■行政書士講座「過去問に学ぶ民法」一部公開中
行政書士・宅建過去問解説・民法の条文解説・法律問題文の読み方 教えます
民法学習方法についてのご相談も受け付けています。
こちら
免責
プライバシーポリシー
お役立ちリンク
リンクについて

COPYRIGHT(C) 2005-2009 MEDIA-JIN.ALL RIGHTS RESERVED.
著作権者(株)メディア人 転載・複製・頒布等禁じます。