民法入門学習|宅建、行政書士、法務|講座:宅建民法・行政書士民法|民法CD|民法学習、民法入門|民法条文|民法基本テスト|法律勉強方法、法律学習法

「ホータス」はメディア人教育事業部のブランド名です。
Google
目的別 一般・総合 民法講義CD 民法徹底解説講座CD ショッピング 無料 基本テスト よくあるご質問



  はじめての法律勉強法
初心者に適した民法の基本書・入門書

 具体的にどのような教材を使って,勉強すればよいか考えてみましょう.まずは,なるべく薄く,記述の簡単な民法入門書を使うとよいでしょう.ポイントは,これらの本はあくまでも骨格理解と基本概念把握と割り切って,理解できない部分があっても,かまわずどんどん先を読み進めていくことです.具体的には下記文献をお勧めします.

※書籍はリンク先のAmazonでの購入になります。
値段などの表示がないものはAmazonで在庫切れ・未刊の可能性がありますので、Amazonのページでご確認ください。

●伊藤真の民法入門 講義再現版
  伊藤真(著) (日本評論社)
 骨格理解というよりも,基本概念把握の教材としてお勧めします.どの本よりも民法における様々な概念について,平明な解説がなされています.もちろん,全体像を理解するのにも有効な本ですが,記述の順番はあえて民法の順番とは一致させていませんし,家族法については相当絞り込んだ内容になっていますので,この点は注意が必要です.
●3日でわかる法律入門シリーズ
  (民法総則・物権法・担保物権・債権総論・債権各論・親族相続)
●高校生の民法

  尾崎哲夫(著) (自由国民社)

 わかりやくまとまっています.ただ,いくらコンパクトサイズとはいえ,民法だけで「民法総則」「物権法」「担保物権」「債権総論」「債権各論」「親族相続」と6冊もあるのが難点かもしれません.1冊の方がよい場合,同じ著者の『高校生にわかる民法』もお勧めです.一見分厚いのですが,文章が平易ですから,サーッと読めてしまうと思います.

●民事法入門
  野村豊弘(著) (有斐閣)
 新しいタイプの入門シリーズです.大学教授が書いていますから,やや難しい面もありますが,それでも野村先生は相当わかりやすく書いておられます.
●はじめての法律学―HとJの物語
  松井 茂記, 曽野 裕夫, 松宮 孝明 (共著) (有斐閣)
 H(加害者)とJ(被害者)の物語(事例)をもとに,第1章が刑事法,第2章が民事法,第3章が憲法にからむ問題を各々の専門家が執筆しています.民法学習としては第2章のみ読んでも目的は達せられますが,こちらも平易な表現ですから,全編読まれることをお勧めします.
はじめての法律勉強法
法律、何から勉強するべきか
最初に学ぶ候補の絞り方
法律、憲法から始める?
法律、刑法から始める?

民法から法律勉強を始めましょう
民法をどう学習するか
資格試験の民法も「骨格理解」と「基本概念把握」から
実務家になった後、どんな場面で民法が必要か
初心者に適した民法の基本書・入門書
講義CD「聞く民法入門」
民法の基本、安心できますか?
1講義たった25分。電車で聞ける。
他の民法の勉強方法の比較はこちら
過去問WEB講座
■宅建講座「過去問に学ぶ民法」 一部公開中
■行政書士講座「過去問に学ぶ民法」一部公開中
行政書士・宅建過去問解説・民法の条文解説・法律問題文の読み方 教えます
民法学習方法についてのご相談も受け付けています。
こちら
●「聞く民法入門」 講義CD&ハンドブック
 「骨格理解と基本概念把握」用の教材として,「聞く民法」をお勧めします.これは,1回25分,13回の講義CD(計5枚)とハンドブックからなる教材です.この教材をお勧めする最大の理由は,従来にはなかった民法の「骨格理解と基本概念把握」に特化した教材だからです.
 さらに,受講時間は25分×13回=5時間半弱.1日で全部聞いてしまうことも可能ですし,毎日1講義ずつ聞いても,2週間しかかかりません.たったこれだけの時間で,民法の「骨格理解と基本概念把握」が可能となるわけです.これは,まさに目的を特化した教材の強みといえましょう.
 将来,資格試験等受験を考えてらっしゃる方は,一見,試験対策には直結していないかのように見えますが,「骨格理解と基本概念把握」が,民法理解,ひいては各種試験合格の近道であることはもうご理解いただけていると思います.
 本書を学習した後,本屋さんに行って,皆さんの目的に応じた民法書を手にとってみてください.そして,御自分でしっくりいくものを選んでください.その時の民法の骨格を理解し,基本概念を把握しているあなたは内容をペラペラ見ただけで,今までまるで外国語のようだった民法に関する記述が,大雑把な内容が理解できるようになっているでしょう.そして,御自分の選んだ本で,「肉付け」作業を行っていってください.労力は従来の半分,かつ,個々の知識が有機的につながっていることが実感できると思います.

→「聞く民法入門(民法学習の初心者向け)」についての詳しい情報はこちら
民法入門・民法の基本
電車の中でも聞ける
講義CD「聞く民法入門」
初心者にもわかりやすい、民法の骨格
短時間で空き時間にできる
法務、資格試験、復習にも役に立つ
詳しい情報

●「過去問に学ぶ民法 宅建・行政書士編」 データCD
 民法条文、法律問題文の読み方をがっちりマスターする民法解説講座。宅建民法過去問を題材に、民法の重要テーマとその関連条文、用語などを有機的に学べる超効率的な講座内容です。

過去問を切り口に民法を学ぶ、民法問題解答解説

 「過去問に学ぶ民法」は、徹底した民法解説講座です。民法の重要なテーマ・項目について、正解肢はもちろん、すべての選択肢、関連の民法条文、法律用語、判例、法律問題文の読み方などを詳細に検討しながら、有機的に学びます。
 民法の重要なテーマとはなにか。また、膨大な民法条文をどのような順序で学ぶのが最も効率的か。「過去問」が鍵を握っています。すなわち、重要な条文とは、一般的な事例でよく使われる条文であり、結果として、試験にもよく出る条文であり、その学習は、同時に各種試験対策にもなるからです。宅建過去問が宅建試験対策であるのは、もちろん、問題傾向の似た行政書士試験対策、および司法書士試験対策の取っ掛かりのスピードアップにも有効です。

 例えば、一般の過去問解説本で、「正解A。民法○条より明らか。」と1行に満たない説明を単に読むのと比較した場合、イメージとしては、その100倍の関連学習が可能です。1題の重要な過去問から多くの関連情報を学びます。通常、法律の勉強をしている人は、主体として使用する書籍以外に、用語の確認、条文の確認、判例の確認と厚い書籍を複数冊広げて行うものですが、これがあなたのパソコンに挿入したCD1枚で可能になります。

資格試験対策・民法理解・条文の読み方マスター。これら3つの目的の人にとってまったく無駄なし

 「過去問に学ぶ民法」は、もともと当サイトの人気講座でした。民法の重要点を学びながら過去問学習も行い、初心者・初歩の中級者には難しい民法条文の読み方の基本もマスターできるという解説方法。民法の習得が目的ですから、宅建試験・行政書士試験はもちろん、資格試験の受験を考えてらっしゃらない方にとっても無駄になる心配はありません。また、宅建試験・行政書士試験の受験者で「過去問学習」が目的だとしても、やはり無駄はないのです(詳しくはこちら)。

 使い方は、データCDを、お手元のパソコンに挿入するだけ。パソコンさえあれば、インターネットの環境も接続も不要です。全講座を通じた用語検索や気になる用語の登録など、インターネット連載版に比べて商品版は使い勝手もよりブラッシュアップされています。

 民法の重要点と過去問学習と条文の読み方。民法の基本をマスターしている方なら、パソコンさえあればすぐ始められます。基本に不安のある方でも、「聞く民法入門」の13講義を完了してから、当講座データCDを学習してみてください。この2教材の学習順序は、「民法の骨格理解・基礎概念把握」→「重要テーマ20と条文の読み方」という、もっとも効率的な順番。骨格を押さえずして暗記に走る初心者が陥りがちな学習順序とは決定的な差がつきます。

民法条文の読み方がわかる
データCD 「過去問に学ぶ民法」
詳細でわかりやすい解説
資格試験対策、民法理解、条文の読み方マスター
データCDをお手元のパソコンに挿入するだけ
宅建編
行政書士編
完全版
詳しい情報

はじめての法律勉強法
法律、何から勉強するべきか
最初に学ぶ候補の絞り方
法律、憲法から始める?
法律、刑法から始める?

民法から法律勉強を始めましょう
民法をどう学習するか
資格試験の民法も「骨格理解」と「基本概念把握」から
実務家になった後、どんな場面で民法が必要か
初心者に適した民法の基本書・入門書
講義CD「聞く民法入門」
民法の基本、安心できますか?
1講義たった25分。電車で聞ける。
民法データCD 「過去問に学ぶ民法
 宅建20講義」

民法条文の読み方、わかっていますか?
宅建過去問で学ぶ。
他の民法の勉強方法の比較はこちら
過去問WEB講座
■宅建講座「過去問に学ぶ民法」 一部公開中
■行政書士講座「過去問に学ぶ民法」一部公開中
行政書士・宅建過去問解説・民法の条文解説・法律問題文の読み方 教えます
民法学習方法についてのご相談も受け付けています。
こちら

 
このページの上へ
免責
プライバシーポリシー
お役立ちリンク
リンクについて

COPYRIGHT(C) 2005-2009 MEDIA-JIN.ALL RIGHTS RESERVED.
著作権者(株)メディア人 転載・複製・頒布等禁じます。