民法入門学習|宅建、行政書士、法務|講座:宅建民法・行政書士民法|民法CD|民法学習、民法入門|民法条文|民法基本テスト|法律勉強方法、法律学習法

「ホータス」はメディア人教育事業部のブランド名です。
Google
目的別 一般・総合 民法講義CD 民法徹底解説講座CD ショッピング 無料 基本テスト よくあるご質問

講座情報<過去問WEB講座>
宅建講座「過去問に学ぶ民法」・行政書士講座「過去問に学ぶ民法」
過去問解説・民法の条文解説・法律問題文の読み方 教えます

データCD「過去問に学ぶ民法 宅建編・行政書士編」
民法条文の読み方、わかっていますか?
宅建過去問、行政書士過去問で学ぶ。

宅建・行政書士受験者以外の方,法務の方もどうぞ。

講師
  太田元哉 
(「みんなの民法学習」 運営者 略歴はこちら
   
講座日程
 
宅建講座「過去問に学ぶ民法」
開講期間   2006年4月4日〜8月29日
公開日   毎週火曜日夜
講座回数   合計20回  GW・お盆に1回ずつ休講
 
行政書士講座「過去問に学ぶ民法」
開講期間   2006年5月12日〜9月29日
公開日   毎週金曜日夜
講座回数   合計20回  お盆に1回休講
   
講座目的(宅建講座・行政書士講座とも共通)

 本講座は,下記の3点を目的としたインプットの要素も盛り込んだアウトプット講座です.

1点目 宅建試験・行政書士試験の過去問 解説

 「過去問に学ぶ〜」とあるように,
宅建試験・行政書士試験において,過去に出題された民法の問題を使って,当該問題を解くのに必要な知識とその周辺知識を補強し,その上で知識の使い方を身につけること,

2点目 民法の条文の読み方

 皆さんが一般に「民法を学ぶ」といった場合,解説書等に載っている事項を勉強するイメージかと思います.

 では,その解説書は何をもとに書かれているのでしょうか.

 それはまず,民法の条文をもとにし,それに最高裁判所の判決である判例にあわせて,通説といった学説等を総合して書いているわけです.

 民法を学ぶ者にとって,民法の条文は避けて通ることができません.にもかかわらず,「条文の読み方」について詳しく書かれた本,条文と解説書の橋渡しをするような本はあまりみかけません.たいていの場合,根拠となる条文を示すものの,根拠となる条文と解釈の間の情報が少ないことが多いため,特に初学者の方には,何が書いてあるのか,言外の意味がわかり得ません.そのため,条文の重要性が理解できず,解説をまとめた情報を求めるようになったりしてしまいます.

 しかし,このことは後に学習を進める上で、また,合格後,法務に携わる時に,まさに「砂上の楼閣」といった民法の実力状況になりかねず,法律を習得した人,往々にして,上司・同僚・後輩・クライアントといった人たちから,一瞬にしてその事実を見抜かれてしまいかねないのです.

 そこで,この講座では,条文と解説書の記述内容の溝を埋める橋渡しになるような解説をし,「条文の読み方」を身につけていただこうと思っています.

 おまけとして,

3点目 法律問題文の読み方(受験テクニック)

 法律の問題の表現は,一般の方の目から見ると堅く,どこから取りかかっていいのか,迷ってしまうかもしれません.そこで,「問題文の表現からここまでわかる」という「法律問題文の読み方」を伝授します.その問題には,判例の知識は必要なのか,不要なのか,など,問題を短時間で解く上で非常に重要な手がかりが,問題文には満載されています.特に時間のない方にとって,「法律問題文の読み方」を知ることは,かなりの時間節約効果があります.


 以上のような本講座の趣旨と各20回という限られた時間,Web上という限られたスペース上での講座ですから,おのずと初歩から説明するということはできません.初歩的な知識は皆さん,既にお持ちとの前提で話を進めます.本講座は,民法CD「聞く民法入門」修了レベル,あるいは,当サイトの基本テスト全問正解レベルの方に合わせて,解説されます.
 もし,当サイトの基本テストを全問正解できないなど,初歩的な知識に自信を持てないという方がいらっしゃいましたら,是非,早い時期にクリアしておくことをお勧めします.
 さらに,取り上げた問題に関連するすべての条文の読み方を説明するわけにもいきません.自ずとピックアップした条文の説明のみになります.

 私が考える民法の基本を最短時間で身につける方法は,講義CD「聞く民法入門」ですが,このCDよりはおそらく時間はかかるものの,他の方法ももちろんありますので,様々なサイトで調べてみてください.初歩的な知識を身につける方法については,本サイトの記事を御参照ください.「過去問に学ぶ民法」は民法の基本を身につけた方が,その次に取り組むと効率の良い,民法徹底解説講座です.

民法学習方法についてのご相談も受け付けています。こちら
このページの上へ
著者・講師紹介
株式会社メディア人教育事業本部長として、2005年より当サイトの運営を開始。中央大学法学部法律学科卒,中央大学文学部文学科国文学専攻卒。私立中高一貫校教諭をへて現職。その間に中央大学大学院法学研究科民事法専攻修了。大学時代の予備校講師バイトでは、法学部3年のスタートから文学部卒業までの4年間で時給を3倍にアップさせ、教職とは無関係のアルバイト先(大学1年次・コンビニ)でも、新入社員の店鋪業務(発注、品出し、レジ打ち、接客等)指導をさせられた経歴がある。公教育の他、家庭教師・予備校講師・補習塾講師等、さまざまな形態の教師を経験。
現在は、これまで1000人以上の生徒を教えた経験と、母校での研究成果を実践すべく、当サイトのガイドを担当するほか、『聞く民法入門』等の法律教材を開発。

主な資格:
中学校教諭1級普通免許状(国語・社会)
高等学校教諭2級普通免許状(国語・社会)


過去問WEB講座
■宅建講座「過去問に学ぶ民法」 一部公開中
■行政書士講座「過去問に学ぶ民法」一部公開中
行政書士・宅建過去問解説・民法の条文解説・法律問題文の読み方 教えます
データCD「過去問に学ぶ民法」
宅建試験の民法TOP
出題傾向
一般的な宅建資格講座の内容
合格後に必要な民法の能力
宅建試験の民法 学習の方法
具体的な民法学習教材
行政書士試験の民法TOP
出題傾向
一般的な行政書士資格講座の内容
合格後に必要な民法の能力
行政書士試験の民法 学習の方法
具体的な民法学習教材
講義CD「聞く民法入門」
民法の基本、安心できますか?
1講義たった25分。電車で聞ける。
他の民法の勉強方法の比較はこちら
民法学習方法についてのご相談も受け付けています。
こちら
免責
プライバシーポリシー
お役立ちリンク
リンクについて

COPYRIGHT(C) 2005-2009 MEDIA-JIN.ALL RIGHTS RESERVED.
著作権者(株)メディア人 転載・複製・頒布等禁じます。