スカイプ・小論文・作文・塾|株式会社メディア人


TOPOTASの目 分析・解説記事大学入試小論文
  大学入試小論文
1. 大学入学後に必要となる力
1)大学では何を訓練するのか

大学とは,教育機関であると同時に研究機関
 大学は教育機関であると同時に研究機関です.従って,大学の先生というのは,教育者であると同時に研究者であるわけです.つまり,大学とは究極その大学が行った研究の成果を教えてくれるところなのです.しかし,高校を卒業したばかりの1年生や2年生がいきなり研究成果なんか理解できませんね.それで,多くの時間を割いて,研究成果を理解するために必要な知識や考え方を教えてもらいます.通常はこれで学部の4年間は終わってしまいます.そこでさらに次のステップとして大学院があり,研究者養成機関であり,大学教員養成機関といった性質の強い大学院では,自分が研究したいことを既に研究されている先生につき(「指導教授」といいます),論文の書き方,研究の仕方を教わりつつ,修士論文・博士論文を仕上げ,一人前の研究者となっていくのです.


最終目標は,学術論文が読めて,自分でも書けるようになること
 これでお分かりのように大学での最終目標は学術論文が読めて,自分でも書けるようになることです.本来,大学とはその訓練をするところです. ※この件については,「3-2)小論文 入試科目としての特殊性」でもふれています.

注)紛らわしいので,本稿では下記表記統一します.
 ※1. 高校の「地歴科」「公民科」→「社会」もしくは「社会科」
 ※2. 旧国公立大学,国公立大学法人→「国立大学」もしくは「国公立大学」


続く
 

 
大学入試小論文
1. 大学入学後に必要となる力
1) 大学では何を訓練するのか
2) 「科学」を研究するには何が必要か
3) なぜ大学入試で小論文が課されるのか

2. 大学入試
1) 大学入試 入学試験の性質
2) 大学入試 作問者側から見た入試問題

3. 大学入試 小論文
1) 小論文は他の教科・科目とは根本的に違う
2) 入試科目としての特殊性
3) 大学入試に小論文が導入された経緯1
4) 大学入試に小論文が導入された経緯2
5) 小論文の分類 課題文型と一行問題型


COPYRIGHT(C) MEDIA-JIN.ALL RIGHTS RESERVED.
著作権者(株)メディア人 転載・複製・頒布等禁じます。